森 絵都作「みかずき」

2017年本屋大賞ノミネート
昭和36年小学校用務員の大島吾郎は、用務員室で勉強を教えていた児童の母親、赤坂千明に誘われ、ともに学習塾を立ち上げる。塾の初期で塾に小さくなって通っていたころである。ベビーブームと経済成長を背景に、熟も順調に成長していく。進学塾か補習塾かとの葛藤や、教育委員会との葛藤。孫までも塾に通えない末端の子供をボランティアで教える活動を始めました。3世代にわたって奮闘を続ける教育一家の話、学校が太陽なら塾は月で、いつになっても満ることのない月。

201780002IMG_0673.jpg




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くうくうたん

Author:くうくうたん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR