FC2ブログ

はた万次郎作「アブラコの朝」

マンガ家の青年は東京暮らしに見切りをつけて北海道へ。零下20度、ウンコが凍る北海道の奥地で犬一匹、猫二匹と暮らす。自由と悦楽と試練の1992年4月からの2年間を、イラストを交え日記風に綴る。
アブラコとはアイナメの事で関東では高級魚だが北海道北部の下北町では外道扱いしている海の魚。地方から来たものはアブラコはいくらでも釣れるおいしい魚です。そのように都会と地方では色々の面で価値観が違います。
犬のウッシーは白黒模様の牛のようなのでウッシー、もちろん放し飼いであちこち一緒に出掛けます。都会の便利を取るか、田舎の不便だが変化にとんだ生活を取るか、皆住んでみてわかることです。
スポンサーサイト



浅田次郎作「天国までの百マイル」

バブル崩壊で会社も金も失い、妻子とも分かれたろくでなしの中年男、城所安男。心臓病を患う母の命を救うため、天才的な心臓外科医がいると言うサンマルコ病院まで、奇跡を信じておんぼろ車で百マイルをひたすらかける。不況、倒産、自己破産、離婚、親の病気、介護という現代社会の問題。そして底抜けの無償の愛情、友情、庶民たちの善意、医師の良心的な支えで主人公は奇跡を見ることが出来ました。皆の善意で心安らかに読み進むことが出来ました。

201900818010.jpg
ノウゼンカズラ

201900818011.jpg
キイロコスモス

201900818013.jpg
カラスウリ

食推定例会

2019008182019082208080000.jpg

今日は食推定例会の日でした。しかし全く忘れていて友人から10時ごろ電話連絡あって、あわてて出かけました。先月が私の当番だったので、それが終わったら、全く忘れていて、いつも記入するカレンダーにも何の記入もしていませんでした。
今月は夏バテ対策のレシピでした。
スコッチエッグ(ミンチではなく粗挽きウインナーを使って)、もろとまスープ、オクラとモロヘイヤのポン酢かけ、ティーゼリー

12時食事を終ってかたずけにはいる頃、電話が掛かってきました。麻雀の人からで少し遅れるからと言ったのですが、3人余りだと言われ、かたずけを断ってすぐに駆けつけました。でも今日も3ゲームして結局マイナスでした。

阿久悠作「もどりの春」

彼女は60歳でヒロインになった…。高校の副校長として晴れて定年を迎えた独身の環には、40年間封印してきたつらい青春があった。永遠の処女、鉄の女と言われていた女、副校長時代の秘書が、環の今後の人生設計を支持して行きます。又、心の扉を開き熟年の恋愛に向き合う女性の物語。最後津和野から飛行機で駆けつけ一柳の求婚にこたえるシーンはなかなかのものでした。

201900818001.jpg
ザクロ

201900818004.jpg
タカサゴユリ

201900818005.jpg
フヨウ

サスケ

13日から息子夫妻が帰省している。
犬のオーチャンと猫のサスケを飼っているが今回は犬はペットショップでお留守番で猫のサスケだけを連れてきました。
昼間は寝てばっかりで、見に行っても座布団の下や、机の下にもぐっていて姿を現さない。

201900816004.jpg

201900816002.jpg

朝井まかて作「藪医ふらここ堂」

江戸時代の医者事情(国家試験もなくデモシカ先生が多かった)、教育現場(寺子屋)、夫婦と家族の有り様(長屋の近所付き合い)から、武家社会の悲劇、恋愛指南まで盛り込んで、人情と笑いたっぷりに描かれていました

201900818007.jpg
ブーゲンビリア

201900818008.jpg
ブーゲンビリア・白

高野山・墓参り

東京の息子が13日から帰省しました。15日から大形台風が来ると言うので、さっそく私の両親の高野山の墓にお参りに行きました。
上に行って奥の院はまっすぐの道をとの表示があったので指示通り行きました。繁華街の人ごみの所を通らずに、外回りで距離は少し遠くなりますが渋滞もなく、あっという間に奥の院の向こうの我が家の墓地に着きました。でも高野山に来たと言う気分にはならないので帰りは混んでいても繁華街の中の道を通って帰りました。27度で曇り空でしたがあまり涼しいとは思いませんでした。

201900814001.jpg

201900814002.jpg

201900814003.jpg

白川 道作「海は涸いていた」

あまりにもひどい実父と離婚して、素晴らしい継父と再婚した母。継父は亡くなり又実父が母を苦しめてその挙句に母は家に放火して自殺をしました。それを知った哲郎は実父を拳銃で殺してしまいました。その事件は迷宮入りしていました。孤児院時代の親友はその拳銃で又殺人をお越し、その過去を呼び起こしました。孤児院時代の親友は固い絆で結ばれています。天才音楽家の妹と親友を同時に守るため男は最後の賭けに出ました。警視庁の佐古警部が哲郎を少しずつ追い込んでいく過程を、ドキドキしながら読み進みました。

201900814004.jpg

乗鞍・畳平 新穂高ロープウェイ

ツアー2日目 7時半にホテルを出発してエコーラインを通り畳平まで来ました50分ほどの自由時間です。花畑を散策するか、魔王岳に登るか迷いましたがお天気も良く、千畳敷で沢山の花を見たので魔王岳に登りました、

201900805066.jpg
コマクサ

201900805069.jpg

201900805065.jpg
イワギキョウ

201900805082.jpg
イワツメクサ

201900805072.jpg
鶴が池から剣ヶ峰方面
201900805075.jpg
槍ヶ岳から穂高連峰

201900805081.jpg
剣ヶ峰

201900805083.jpg
イワギキョウとオンタデ

201900805087.jpg
ロープウェイで西穂高口へ 17度の別天地

201900805089.jpg
笠が岳方面

201900805097.jpg
焼岳方面

2日間お天気とお花に恵まれて素敵な旅が出来ました。

千畳敷カール

クラブツーリズムのツアーで「千畳敷、畳平と乗鞍スカイライン・エコーライン・駒ヶ岳・新穂高2つのロープウェイと2つの雲上ドライブ」に参加しました。
1日目は奈良集合で菅の台から路線バスに乗り換えしらび平まで行き駒ヶ岳ロープウェイで千畳敷カールに行きました。1時間10分の自由時間でしたが、2人足が悪いので剣ケ池までの往復にしようと出かけました。次々と高山植物のオンパレードでなかなか進みません。でも剣ケ池まで行っても充分に時間があったので、2人で1周廻ることが出来ました。

201900805028.jpg
剣ケ池前で
201900805044.jpg


201900805049.jpg
ミヤマキンポウゲの群落

201900805057.jpg
コバイケイソウの群落

201900805005.jpg
ウメバチソウ

201900805007.jpg
イワギキョウ

201900805010.jpg
ウサギギク

201900805023.jpg
ヨツバシオガマ

201900805011.jpg
ゴゼンタチバナ

201900805013.jpg
ツマトリソウ

201900805016.jpg
エゾシオガマ

201900805020.jpg
オトギリソウ

201900805031.jpg
キバナノコバノツメ

201900805033.jpg
モミジカラマツ

201900805035.jpg
クロユリ

201900805036.jpg
イブキトラノオ

201900805039.jpg
グンナイフウロ

201900805040.jpg
シナノキンバイ

201900805041.jpg
コバイケイソウとシナノキンバイ

201900805045.jpg
クロトウヒレン

201900805050.jpg
ハクサンイチゲ

201900805053.jpg
アオノツガザクラとチングルマ

201900805054.jpg
バイケイソウとシナノキンバイ

201900805055.jpg
クルマユリ

201900805060.jpg
木曽駒高原ホテルからの夕焼けの御嶽山
プロフィール

くうくうたん

Author:くうくうたん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR