FC2ブログ

馬見丘陵公園

1日快晴の天気予報だったので、早朝に馬見丘陵公園に出かけました。
コスモス畑が背が低くて大輪のコスモスが満開でした。

20170010021002.jpg

20170010021008.jpg

20170010021011.jpg

20170010021012.jpg

20170010021014.jpg
たわわな柿

20170010021016.jpg

帰り道、畑でキャベツを一個100円で売っていたので、求めていると畑のおじさんが来て「大根いらんか?」と言うので「葉っぱの付いたのを」と言うと「2畝こうてほしい」と言う。とてもやないが2人所帯では無理。「ホウレン草はいらんか?」と言うので100円分ほしいと言うと、たっぷり300円分ぐらい抜いてくれた。新鮮な取れたてのキャベツとホウレン草を買ってほくほくと帰った。
スポンサーサイト

新堂冬樹作「摂氏零度の少女」

名門進学校で医学部合格の太鼓判を押されている桂木涼子が、人知れず母・祥子に劇薬タリウムを飲ませる。毎日飲む焼酎に少量混ぜて刻々と致死量に近づき、祥子の体は徐々に蝕まれていく。病院嫌いの祥子は体調不良になりながらも仕事に精を出していました。涼子の狂気は、なぜ最愛の母親に向かわなくてはならなかったのか?少し理解に苦しみました。又ネットで劇薬が求められる現在、このような小説でまねをする人が出るのではないかと、心配しました。

20170010019001.jpg

20170010019004.jpg

食推定例会

食推定例会の日でした。今日は新人さんが沢山参加していて18名でした。
レシピは「手羽先と白菜の甘酢煮、クルミの白和え、きのこ汁、揚げない大学芋、手軽なパンプキンパイ」

20170010017001.jpg

城山三郎作「黄金峡」

東北の静かな山村に、日本最大のダム建設計画が持ち上がった。(福島県只見川田子倉ダムがモデル)交渉の為に村に乗り込む開発側と、先祖伝来の土地に愛着を抱く住民たち。多額の立ち退き補償を巡り村は騒然となる。ダム建設は人々に何をもたらすのか。高度経済成長黎明期の1959年に執筆された社会派小説。

20170010019005.jpg
キイロコスモス

20170010019006.jpg
フヨウ

20170010019007.jpg
オキザリス

クラシックファンの為のコンサート・

クラシックファンの為のコンサート・山田耕筰の世界」がまほろばホールで開催されました。ニッセイエデンの園主催で高塚台自治会は優先的に行けることになり、山田耕筰で分かりやすい曲が多かったので参加しました。
ソプラノ、バリトンの独奏、ヴァイオリンの独演でカラタチの花、かやのき山の、荒城の月等知っている曲が沢山ありました。
クラシックと言っても親しみやすく、会場は満席でした。

船山馨作「蘆火野」

武田斐三郎に師事するべく函館にやって来た河井準之助は、斐三郎の下で働くおゆきと知り合う。
勉学に励む一方で、料理の腕を振るう準之助。毎日かいがいしく働くおゆき。そんなふたりは、いつしか互いに惹かれあうようになる。だが、幕末から明治へと時代は激動の時を迎え、ふたりも巻き込まれていくことになる。おたずねものになった準之助はとおゆきとフランス料理を習得するため渡仏するが、そこでも戦争に巻き込まれて行きます。

馬見丘陵公園

馬見丘陵公園のフラワーフェスタに早朝に出かけました。

2017001007005.jpg
ダリア花絨毯

2017001007011.jpg

2017001007013.jpg

2017001007016.jpg

2017001007017.jpg

2017001007018.jpg
30cmほどの大輪

2017001007021.jpg
コルチカム(イヌサフラン属)

2017001007022.jpg
バショウの花

2017001007025.jpg

2017001007020.jpg
ハナミズキの実

2017001007026.jpg
ガマズミの実

2017001007008.jpg
ニューギニアインパチェンス

2017001007014.jpg
ジニア

男の料理サロン

男の料理サロンの日でした。今月はふれあいの集いで作るカレーパンを作ることにしました。4年前にも作っていますが、新人も入っていることで、再度作ることにしました。今日は昼から麻雀大会でしたので、何時に終わるか心配でしたが、いつものように11時半ごろに終わりました。麻雀大会は残念ながらブービー賞でした。

今月のレシピ「カレーパン、ブロッコリーの豆腐サラダ、コンソメスープ」

2017001003002.jpg

湊 かなえ作「夜行観覧車」

高級住宅地ひばりが丘に住むエリート一家で起きたセンセーショナル事件。父親が被害者で母親が加害者。その子供たちはどのように生きていくのか。その向かいに住む家族は身分不相応な住宅地で無理な生き方が娘のいら立ちをお越し、母親に暴言を発し、家庭内暴力を生み出す。いらいらの連続であった。

2017001007001.jpg

湊かなえ作「Nのために」

超高層マンション「ローズガーデン」の一室でそこに住む野口夫妻の変死体が発見された。
現場に居合わせた20代の四人の男女。なぜ夫妻は死んだのか?それぞれ思いを寄せるNとは誰なのか?
事件から10年経った時に明らかになる真実とは。何かハチャメチャな組み合わせの様にも思いますが、又親子、夫婦間のドメスティックなど、あまり良い気分では読めませんでした。
プロフィール

くうくうたん

Author:くうくうたん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR