FC2ブログ

荻原浩作「コールドゲーム」

高3の夏、復讐は突然はじまった。中2時代のクラスメートが、一人また一人と襲われていく…。犯行予告からトロ吉が浮び上がる。4年前クラス中のイジメの標的だったトロ吉こと廣吉。だが、転校したトロ吉の行方は誰も知らなかった。光也たち有志は、「北中防衛隊」をつくり、トロ吉を捜しはじめるのだが―。やるせない真実、驚愕の結末。あまりお勧めしがたい作品だと思います。
スポンサーサイト

有川浩作「空飛ぶ広報室」

帝都テレビの警視庁担当記者・稲葉リカは、記者として使命感に燃えるあまり取材先とトラブルが続き、情報番組のディレクターに配置換えされる。制服特集コーナーを担当することになったリカは、上司から航空自衛隊の取材を命じられる。空自の広報室長・鷺坂正司がリカのアテンド役に指名したのは広報官の空井大祐。空井は不慮の事故からパイロットの道を絶たれた過去を持ち、感情を表に出さない人物だった。しかしリカに「戦闘機は人殺しのための機械でしょ?そんな願望のある人なんて」と言われて空井は切れる。
世間で嫌われ者の自衛隊を何とか宣伝して理解してもらおうと広報のメンバーは奮闘します。私も色々と理解して考え直すことが出来ました。

食推定例会

食推定例会の日でした。今月はみそ作りでした。私は当番でしたので、前日に大豆をゆでる作業の手伝いに行きました。
今日は簡単な昼ごはんを作るように頼まれていたので「キノコご飯と豚汁」を用意しました。甘酢キャベツと芋羊羹も用意しました。
大豆を機械でつぶす作業は力がいるので、若い人たちがしてくれたので助かりました。

201700220001.jpg

あさのあつこ作 「敗者たちの季節」

夏の甲子園地区予選、決勝戦9回の攻防。後1人アウトにすれば延長にもつれ込む。とその瞬間、相手のピッチャーにさよならホームランを浴び敗者となった海藤高校の投手直登は試合後も立ち直れないでいた。そこに優勝校が補欠部員の悪事で出場辞退と言う意外な知らせが届く。「繰上りによる甲子園出場」はどちらのチームにとっても重い結果となった。少年たちの暑い思いに胸が高鳴る。
あさのあつこの青春野球小説はどれをとっても読み応えのある作品でした。

有川浩作「県庁おもてなし課」

高知県に突如生まれた新部署“おもてなし課”。観光立県を目指すべく、若手職員の掛水は、振興企画の一環として、地元出身の人気作家に観光特使就任を打診するが…。「バカか、あんたらは」。いきなり浴びせかけられる言葉に掛水は思い悩む―いったい何がダメなんだ!?掛水とおもてなし課の、地方活性化にかける苦しくも輝かしい日々が始まった。
折角始まった計画も上に持って行くと、色々縦割りとか平等にとか難しい問題が役所故に起こって駄目になってしまいました。
どうすればお役所仕事から向けだして地元に観光客を呼べるのだろうか?
読んでいて高知県を旅してみたいなあと思いました。おもてなしを受けてみたいです。

有川浩作「植物図鑑」

ある日、道ばたに落ちていた彼。「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか?咬みません。躾のできたよい子です」仕方なく行き倒れのようになっていた彼を拾い上げて一緒に住むようになりました。彼はハウスキーパーの役に徹して美味しい料理をつくってくれました。休みの日には郊外に連れ出して食べられる野草摘みの楽しみを教えてくれました。お互いに好きになっていたのに、他人で通していましたが、あるきっかけで恋人になってしまいました。「ごめん、またいつか」の書置きを残して彼はいなくなってしまいました。
野草や摘み草料理の話に絡めて、2人の恋人になって行くもどかしさが、さわやかで面白かった。「樹イツキ」こんな素敵な彼と若い時に会いたかったなあ!

砂かけ祭り

河合町広瀬神社の砂かけ祭りの日でした。今月の広報に町バスが家のすぐ前から神社の近くまで出ると言うのが載っていました。午前の殿上の儀は見れませんが昼からの庭上の儀だけなら、13時発ので行けば丁度良いので利用しました。乗客はたった3人だけで、町の南半分を30分で廻るコースで御幸橋まで行ってくれました。14時から庭上の儀が始まり丁度入り口の良い場所を獲得しました。カッパとマスクとメガネは持って行くようにと言われていたので用意していましたが、あちらこちら囲いの外までかけまわるとは思っていないのでびっくりして逃げ回りました。帰りのバスの時間には早かったので歩いて帰ることにしました。近くの定林寺の涅槃像が公開されているとかで寄ってみました。家まで結構歩くのが大変でした。

201700211007.jpg

201700211005.jpg

201700211009.jpg

201700211012.jpg

201700211018.jpg
定林字左から不動明王立像、十一面観音菩薩像、地蔵菩薩像

201700211019.jpg
涅槃像

有川浩作「三匹のおっさん・ふたたび」

剣道の達人キヨ、武闘派の柔道家シゲ、危ない頭脳派ノリ。あの三人が帰ってきた! 書店での万引き、ゴミの不法投棄、連続する不審火。ご町内の悪を正すため、ふたたび“三匹”が立ち上がる。清田家の嫁は金銭トラブルに巻き込まれ、シゲの息子はお祭り復活に奔走。ノリにはお見合い話が舞い込んで、受験前の早苗は精神的に落ち着かず、成績は下がりました。おまけに“偽三匹”まで登場して大騒動。芳江さんの学生時代の男女交際までさかのぼります。あっという間に読み終わりました。

有川浩作「三匹のおっさん」

還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか、とかつての悪ガキ三人組が自警団を結成。剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械いじりの達人の頭脳派・ノリ。ご近所に潜む悪を三匹が斬る。年寄りに負けじとキヨの孫・祐希やノリの愛娘・早苗のかわいい恋愛も絡まってきて、面白い。詐欺に痴漢に動物虐待を色々と解決していきます。キヨのじじくさい服装のセンスは我が夫と全く同じでおかしかった。孫の祐希が選んだ服で若返らすくだりは、いつも私が夫に言っていること。健康食品を期間限定で開催する商法、それに引っかかるお年寄り。催眠商法と淋しいお年寄りの話し相手になってつけ込んでいくのは、なかなかなものだと思った。

馬見丘陵公園

梅の便りを聞いたので、久しぶりに馬見丘陵公園に出かけました。
昨日は春のような天気でしたが、今日は少し下がりましたが、良いお天気で散歩日和でした。

201700208003.jpg
蝋梅

201700208004.jpg

201700208005.jpg
水仙

201700208006.jpg
アオバト

201700208015.jpg
コガモ

201700208009.jpg
白梅

201700208021.jpg
河津桜の蕾(まだまだです)

201700208023.jpg
河津桜(一輪だけ気の早い子が咲き出していました)

201700208026.jpg

201700208031.jpg

201700208033.jpg

201700208046.jpg
管理館の玄関のポインセチア
プロフィール

くうくうたん

Author:くうくうたん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR